私が海外に一人旅をした理由

TRIP★一人旅でリセット

こんにちは。アンジェリカです。

私は何となく就職した会社で、流れていく毎日にモンモンとしながら「このままで良いのかな〜」と過ごしていました。

ちょうど何人か会社を辞めてしまったので、人手不足と納期の時期が重なり、家と会社の往復。

アレもコレもまだ出来てない、次は□して……家に帰っても〇〇を××に伝えとかないと……

こんな調子で頭はフル回転。もうイライラの塊、ヒステリック女王だったかもしれません。笑

日中は1つの事に集中しようにも、声をかけられるたびに、作業が中断。
作業効率が悪いので、残業でカバーみたいな事をしてました(^^;

結局はこの状況を作ったのは自分なんですが、どう修正したら良いのやら……

何の為に会社に来ているんだう・・・・。

勝手に、閉じ込められている感覚に打ちひしがれ、
悲劇のスポットライトが当たる様な生活をしていました。
現実はただ辛いだけ!笑

そんな私が一人旅をした理由は、ただこれだけ。

現状から抜け出したい。

そんな理由?と思う方もいると思いますが、
日常生活で悪循環にいるとナカナカ抜け出せません。

「頑張り抜くことも大事だけど、逃げ出すことも大事!!(期間限定)」

最初は、こんな時に休みとるなんて、XXXさんに何か言われるんじゃないか
なんて気にしていましたが、思いきって「お休みいただきます」って
申請したらすんなり通りました。

今となっては、何をそんなに恐れていたんだろう・・・くらいになれました。

会社の中では、心よく思わない人もいますが、
一度きりの人生、こうしたい!!と思ったことは、やったもん勝ちです。

初めての海外一人旅先

私の一人海外旅行の行先は「ラスベガス」でした。

一生のうちに絶対行きたいところどこだろう
と考えた時に思い付いたのが

・「シルクドソレイユ」を見たい
・「グランドキャニオン」の景色を見たい
・「セドナ」で癒されたい

「グランドキャニオン」や「セドナ」のツアーは
ロサンゼルスやラスベガス発がありましたが、
ロサンゼルスの移動は車がないと不便、
ラスベガスはカジノがあるのでホテル代が安い、
と聞いた薄っすらな記憶があり、「ラスベガス」に決めました。

初めてだったので、ネット検索で  JTB さんの

「航空券とホテルのセットで、自由行動」のツアーを発見しました。

・シルクドソレイユのチケット予約
・グランドキャニオンとセドナのツアー

を追加予約して、出発しました。

 

一人の海外旅行に行っ良かった事

結論、思い切って一人で海外に旅行して、ホント良かった♪

・自分の気持ちに気づけた

初めての空港で「飛行機にちゃんと乗れるかな?」みたいなワクワクや、
一人でスーツケースをコロコロしてると「海外出張はこんな感じ?カッコいい!」と、
普段味わえない気持ちを味わえたんです。
これって、とても大事だなぁ~と思いました。

いかに、普段のルーチンワークに慣れて、感情までもルーチン化していていた私にとって刺激的で、一人だけど、ドンドン湧き出る心の声が楽しかったんです♪

・視野や価値観が広がった

自分の知らなかった環境に行った事で、言葉は分からなくても
「こんな人、こんな仕事をしている人、こんな平日に家族旅行してるんだ~!!」
とか「子供でもこんなに違うの?」「嬉しい時のリアクション、迫力ありすぎ!!」
など、自分の考え方がいかに狭かったのかを、知ることができました。

また私の場合は、申し込んだツアーで、一人旅の人、ガイドさん、新婚さん
に出会いました。ラスベガスでガイドをしている経緯などを聞ける機会があったり、一人旅している方のエピソードを聞いたりして、色んな人生があることを目の当たりにして、とても楽しかったです。

一人旅している方は、ツアー中やその後も、
一緒に食事したり(初対面だったのに、閉店までお喋りしてました・・・笑)、
スロットしたのは忘れられない思い出です。

・自分に自信がもてた

自分で決めて一人で行動して、海外まで来たという自信♪
もぅ「私なんでもできるんじゃないの~!!」とウキウキできました。

また、行く前に「XX日間お休み頂きます」と顔色をうかがわず(顔を見ず・・笑)
言えた自分が第一歩だったなと思います。

動かなければ出会えなかった人、
きれいな景色、自分の独り言、
そんな環境に身を置くので、
自分の気持ちを知るいい機会になりました。

移動中にボーっとする時間、一人でカフェしている時間、
そんな時間を過ごしている自分が愛おしくなってきました♪

テレビやネット情報で見聞きするのとは違い
肌で感じる現地の空気を味わえます!!

昨日より豊かな人生を手にする為、一人旅に挑戦してみませんか?

 

 

コメント

トップへ戻る